宅地建物取引士

宅建の最年少合格者は小学〇年生!最高齢は9〇歳!だから年齢は関係ない

宅建試験をこれから挑戦しようとしている人にはホッとする情報ではないでしょうか。

宅建試験の合格者の平均年齢は33歳と言われています。

宅建試験の最年少合格者と最高齢合格者、そして各年ごとの合格者を見ていきましょう。

宅建試験の最年少は12歳。最高齢は90歳。

平成18年と平成26年に12歳の最年少合格者がいます。

平成17年に90歳の最高齢合格者がいます。

最年少、最高齢どちらもすごいことだと思いますが、個人的には12歳の最年少合格者がすごいと思います。理由は12歳の頃の自分と比べることができるからです。12歳って勉強より外で遊んだり、ゲームしたりで勉強とは縁がありません。

12歳ってこれから生きていくための知識を増やしている最中だと思うんです。人生経験豊富な90歳ならそれなり知識もあると思うので、勉強すれば12歳よりは合格できる可能性は高いと思います。

宅建試験の合格には、年齢は関係なく、計画的に勉強し知識を増やし定着させることができれば合格できるということです。

これから宅建試験に挑戦する人は、ぜひ計画的に学べる、そして自分に合った教材を見つけて頑張ってください!

宅建の独学で失敗しない!おすすめ テキストを紹介。合格率4倍&ランキング1位を獲得した実績十分

宅建試験の過去10年の合格率

過去10年の合格率は平均15%です。

数字に惑わせられないでくださいね。宅建試験は、受験制限がなく、受験料が7,000円であり国家資格の中でも低額です。また、知名度も高いため、安易に受験する人が多いですね。

申込者数と受験者数には大きな開きがあります。毎年、申込者の20パーセントに当たる人が受験すらしていないのです。計画を立てしっかり勉強してきた人は、特別な事情がない限り受験しているでしょう。しかし、安易な考えて申込した人は、『どうせ合格できないし、受験やーめよ』と受験していない人が多いのが現状です。

宅建試験は計画的に学習すれば合格できる国家資格

最年少合格は12歳、最高齢合格は90歳。合格には年齢は関係ありません。

合格に必要なのは、計画的に勉強することです。また、スキマ時間を有効活用し勉強に充てることができる人が合格に近づきます。

宅地建物取引士は日本で1番有名な国家資格と言われています。保有するだけでも、ステータスを上げることができますし、宅建を活かした仕事に携わる人は資格手当が付き、給与がアップすることは間違いないでしょう。

繰り返しになりますが、宅建試験に合格するためには、強い意志と、自分にあったテキストで計画に勉強することです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。