不動産営業

上司は教えない。不動産営業で、まず覚えることは理想と現実を知ることだ!

こんにちわ。ティン(@thin7777777)と申します。

 

この記事は以下のことを知ることができます。

  • 不動産営業の理想と現実
  • 不動産営業マンがあるべき姿

 

とくに、不動産営業を初めてする人に役立つはずです。

 

現在の不動産業界の営業マンの「理想の姿」と「現実の姿」は、大きく違います。

  • こうありたい
  • こうあるべき
  • こうするべき
  • こうしたい

 

これが不動産営業マンの理想であり、心の中でそう思っています。

 

しかし、不動産の現場ではそうはいきません。

 

これから不動産営業の仕事をする人は、理想と現実について理解しないと、不動産業界では生きていけないと思います。

まずは、不動産業界に10年務めてる私の経験から話していきます。。

知れば知るほど苦しい不動産業界

大学を卒業してから宅建の資格を取りました。すぐに就職したかったので、宅建が活かせる不動産業界に就職先を絞りました。

ご縁があり、知り合いの紹介で不動産会社に入社しました。

 

最初は、先輩と一緒に行動し仕事の流れを覚えていきました。

 

入社して半年後、一人で案内や契約を任せてもらえるようになりました。

 

しかし、いろんなことで違和感を感じることが増えていきました。

 

ティン
ティン
僕が感じた違和感とは、理想と現実の違いでした

 

この理想と現実のせいで悩み、眠れない夜もありました。

ティンには向いてないと思うよ

不動産会社への就職が決まったとき、良くして頂いているAさんに報告してきました。

「おめでとう~よかったね~」

とても喜んでもらいました。しかし、Aさんからある一言が…。

Aさん
Aさん
ティンには難しいはずよ~向いてないかもよ~

 

冗談半分で言っていると思っていましたが、入社してから数か月たったときに、Aさんが言っていたことの本当の意味に気付きました。

 

不動産営業マンの違和感とは具体的に言うと

  • お客様よりも会社を優先する
  • お客様よりもオーナー様(貸主や売主)を優先にする

 

お客様のためにしたいこと(理想)があっても、会社やオーナーを優先しなければいけない(現実)ことがあるんです。

 

理想と現実のギャップ!

Aさん
Aさん
ティンは優しすぎる・おまけに素直。だから不動産営業には向いていない

 

Aさんは遠回しにそう言ってくれてたんだと気付きました。

 

理想と現実をいち早く知れ!

不動産営業の理想と現実。

 

不動産の仕事全部について、理想のことが出来なかったわけではありません。

法に触れていることをやっているわけでもありません。

 

お客様のために行動したいけど出来ないことが起きるんです。

 

そんなとき僕は、やりたいことができない不甲斐なさを自分で抱え込んでいました。

自分が悪いのではないか…いつまでこんな仕事をしなければいけないのか…

 

僕のように抱え込んでしまう人は、不動産営業は長くは続かないでしょう。

 

では、不動産営業で辛い思いをしないためにはどうすればいいのか。

 

不動産営業の理想と現実を知り理解することが重要なんです。

 

会社やオーナーの方針や考えを理解した上で仕事することによって、自分を追い込まずに済みます。

自分の考え○○○ 理想

会社の考え×××  現実

お客様に自分の考え〇〇〇を伝えて、会社の報告したら、×××にしなさい!と言われたら、お客様に迷惑をかける場合があります。

 

会社の考え×××を知って理解していれば、最初からお客様に×××と説明できたはずです。

 

一番つらいことは、最初の説明を変えるということです。

 

お客様
お客様
あなたは〇〇〇って言ったじゃないか!今更×××に変えるのはおかしいだろ!

 

そんなことになったら営業マンの成績も悪くなる一方です。さらに精神的に追い込まれることもあります。

 

ですから、理想と現実を早く知ってほしいんです。

 

新人営業マン
新人営業マン
不動産営業が初めてだから理想と現実の具体例を教えてほしい!

おススメの本があります。

漫画なのでとても読みやすく以下のことが学べます。

 

不動産あるある

理想と現実

 

僕は今1~5巻まで購入して読みましたが、共感することが多いし、学べることが多いです。さらに、最新の不動産トラブル事例が描かれています。

ティン
ティン
最近の事例だと、大手不動産会社が地面師に騙された事件が描かれていましたよ。

 

現在5巻まで発売されており、2019年8月に最新刊が発売される予定です。

 

不動産営業の理想と現実。

 

早く知ることによって、精神的に追い込まれることは無くなります。

初めて不動産営業の仕事に就く人は、ぜひ正直不動産を読んで、お客様に迷惑をかけることが無いようにしてください。