宅地建物取引士

2回受験して分かった合格率を上げる宅建試験1週間前にすべき勉強

  • 宅建試験まで残り一週間…何を優先して勉強したらいいのかな…
  • 初めて宅建試験に挑戦するから、正直…分からない
  • 宅建に合格した人の意見を聞きたい

宅建試験まで残り一週間。

何を優先に勉強したらいいのか迷う方は多いのではないでしょうか。

てぃん
てぃん
僕も…宅建試験まで残り一週間、何を優先にして勉強した方がいいのか、かなり迷いました。時間だけが過ぎていく気がして…不安な時もありました。

 

私は宅建試験に2回受験し、1回目は勉強の仕方がわからず…ただただ勉強して不合格。2回目の受験では、計画的に優先すべきこと決めて勉強した結果、合格することが出来ました。

てぃん
てぃん
「優先的に勉強して良かった~♪」と、試験問題を解きながら思いましたね!

そこでこの記事では、初めて宅建試験に挑戦する人でも、宅建試験一週間前に何をしたらいいか迷わず計画的に勉強できるように【宅建試験一週間前の勉強の仕方】について詳しく解説します。

この記事を読めば、「宅建試験の一週間前のあなたの状況に応じて、優先すべき勉強は何か」が分かるはずです。

宅建試験1週間前…あなたは勉強不足か、準備万端か

宅建試験一週間前…「合格したい」という焦りから、迷ってしまい勉強に手が付かず時間だけが過ぎてしまい、合格が遠ざかってしまうことがあります。

てぃん
てぃん
宅建試験1回目の受験のとき、試験一週間前はかなり追い詰められてて、テキスト読んだり過去問解いたり、新しく問題集買ったり、いろいろしてましたw

試験一週間前、何を優先に勉強したらいいのか…。

それは、あなたの状況次第で何を優先に勉強するのかは変化します。

宅建試験一週間前にやるべきこと
  • 勉強不足なら過去問だけ解く
  • 準備万端なら直前模試

順番に解説します。

勉強不足なら過去問だけ解く

  • このままでは合格は難しいかも…
  • 合格はギリギリか…

宅建試験一週間前…

勉強不足だと思う方は、まだ知識が定着していない状況です。

ということは、過去問を繰り返し解くことが必要です。

過去問を解く理由
  • 知識を定着させるため
  • 試験問題は過去問から出題される傾向がある

過去問を制する者は、宅建を制す!と言われるぐらい過去問は大切です。宅建試験では、重要とされるポイントは、表現を変えて繰り返し出題されます。

てぃん
てぃん
また、知識が定着していないと基礎が固まっていないので、少し表現が変わった問題が出題されると悩んでしまい、時間を費やしてしまいます。

準備万端なら直前模試

  • これだけ勉強したんだ…絶対合格できる
  • 過去問バッチリ

自分がこれまでやってきたことに自信がある方は、

予想模試を解くことをおすすめします。

予想模試を解く理由
  • 新しい問題(過去問にない問題)で応用力を鍛える
  • 法改正などの問題を体感できる
  • 試験本番のリハーサルをして、時間配分や解く順番を確認する

自分が持っている知識を使って、答えを導き出す対応力・応用力・判断力を鍛えることができます。

試験当日は、今まで解いたことがない問題が出ます。本試験と同じような状況を体験することができるのが予想模試なんです。

予想模試を解いて、答えを導き出す対応力・応用力・判断力をさらに磨きましょう。

てぃん
てぃん
予想模試は、やらない方がいい!という意見もあります。私が受験したとき…絶対合格できる!自身があったので予想模試を解きました。

絶対合格できる自信がない人は、過去問を解いたりしてください。

まとめ

宅建試験は出題範囲が広く、多くの知識を定着させる必要があります。

宅建試験1週間前までに、なるべく多くの過去問を解いて、過去問については100%解けるようにしてください。

宅建試験1週間前は、あなたの状況次第で勉強方法を変えてください。

宅建試験一週間前にやるべきこと
  • 勉強不足なら過去問だけ解く
  • 準備万端なら直前模試

私は、予想模試を解いて良かったと本当に思います。予想模試で解いた問題と似たような問題が試験に出ていたからです。

また、2020年は民法の法改正があるため、今まで見たことない問題が絶対に出ますので、予想模試を解いて法改正の問題に対応できるようにしましょう。

過去問を制する者が宅建を制す!