不動産コンサルティングマスター

不動産コンサルティングマスターの難易度は?どんな人が挑戦すべき?

 

不動産コンサルティングマスターの資格って難しい?

取っておいた方がいい資格なのか?

 

このような疑問にお答えします。

 

不動産コンサルティングマスター技能試験の受験を考えている方が、この記事を見つけてくれてたと思います。

 

ティン
ティン
この記事は、平成29年に不動産コンサルティング技能試験に挑戦して無事合格することが出来たてぃんが書いています。

 

僕の受験体験をもとに、【不動産コンサルティングマスターの難易度】【どんな人が目指すべきか】についてまとめてみました。

 

お時間がある方は最後までお付き合いください。あなたのお役に立つこと!を考えて書きました。

不動産コンサルティング技能試験の合格率は?

はじめに不動産コンサルティング技能試験の合格率を見てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

平成29年度の合格率ですが、約43%です。

 

ティン
ティン
合格率だけ見ると、結構ハードル低い気がしますね。

 

宅地建物取引士が15.6%(平成29年度:合格点は35点)

 

不動産コンサルティング技能試験の合格率は、宅地建物取引士の2倍以上。

 

しかし、数字以上に不動産コンサルティング技能試験は難しかったです。

 

まず、試験問題のレベルが違います。

 

試験範囲は広く、計算したり、考えて答える記述式の問題が多く、しっかり知識が定着していないと解けない問題が多いと感じました。

 

ティン
ティン
宅地建物取引士の試験は、過去問を中心に勉強すれば合格できますが、不動産コンサルティング技能試験は、全ての試験範囲において、専門的な知識を理解し覚えていないと合格できないと感じました。

 

不動産コンサルティング技能試験と宅地建物取引士の試験問題は、内容が重複している部分はありますが、不動産コンサルティング技能試験には、記述問題選択肢がない穴埋め問題などが出題されるため、かなり難易度は高いと思います。

不動産コンサルティング技能試験の難易度は!?

不動産コンサルティング技能試験を難易度の前に、受験資格について解説します。

 

不動産コンサルティング技能試験を受験することができるのは、宅地建物取引士、一級建築士、不動産鑑定士のうち1つを有している人のみです。

 

不動産関係の国家資格を有しているということは、不動産に関する知識が豊富な人が不動産コンサルティング技能試験を受験しているということです。

 

それにも関わらず合格率43%ですから、かなり難しい試験ということです。

 

宅地建物取引士の難易度がなら

不動産コンサルティング技能試験の難易度です!

 

繰り返しになりますが、不動産コンサルティング技能試験のかなり難しいです。

 

しかし、しっかり計画を立て、勉強時間を確保し、自信を持って試験に臨みさえすれば合格できます。

どんな人が不動産コンサルティングマスターを目指すべき?

『どんな人が不動産コンサルティングマスターを目指すべきか』をまとめてみました。

  • 不動産のプロになりたい人
  • 仲介業・管理業以外の収入を得たい人
  • 不動産の知識を増やして、仕事の幅を広げたい人
  • ちやほやされたい人

 

不動産のプロになりたい人

不動産業に携わる年月が長いほど、いろいろ問題がある不動産案件に触れたことがあると思います。

 

今まで持っていた知識だけでは解決できない複雑な問題も多くなっているのではないでしょうか。

 

そういう問題を解決のために、さらなる専門的知識が必要となっていると思います。

 

法律はもちろん、経済や金融、建築や税制など不動産関連業務に関わる幅広い知識が求められています。

 

そこで、不動産関連業務に関わる幅広い知識や実務経験を有していることを証明するための資格が生まれました。

 

それが不動産コンサルティングマスターという資格なのです。

 

ティン
ティン
不動産コンサルティングマスターは、不動産のプロと言っても過言ではありません。それぐらい難しかったです。

 

不動産のプロとして一定の評価を得ることが出来る資格ですので、チャレンジする価値はあると思います。

仲介業・管理業以外の収入を得たい人

例えば、道路に接道していない土地に住宅を建てたい!という相談があったとします。

 

その土地の現地調査や行政調査、隣接地の所有者訪問、交渉などをしていきます。

 

今まで得た知識と経験でえたノウハウををフル活用します。

 

そして、道路用地を確保することができ、相談者の住宅を建てたい!という夢のお手伝いが出来たわけです。

 

使っていない土地にアパートを建てる提案をして、不労所得を得ることが出来きた!

 

上記のようなお客様が抱えている悩みごとなどを確認して、解決策を提案し、実際に行動し解決した経験があると思います。それが不動産コンサルティング業務です。

 

売却の媒介契約を取るために、【悩みごとを聞いて、解決策を提案し、実際に行動し解決する】を無料でおこなっている会社、営業マンは多いと思います。

 

これからは【悩みごとを聞いて、解決策を提案し、実際に行動し解決する】ことで、相談者様からコンサルティング料をいただくべきです。

 

ちょっと例え話になりますが、不動産コンサルティングマスターの業務は、弁護士と似ていると思います。

 

弁護士は、持っている知識や経験を使って、裁判が優位に進むように弁護します。

 

そのために依頼者は、弁護士に報酬を支払いますよね。

 

不動産コンサルティングマスターも同じように、相談者ために行動するわけですから、報酬が発生させることはできます。

 

実際に、不動産コンサルティングマスターという資格を活用して、会社を経営している方はたくさんいらっしゃいます。

 

不動産コンサルティングマスターの5人の方が、実際に行った不動産コンサルティングを紹介した本がありますので、読んでいただけるとより深い理解が出来るかと思います。

 

不動産の知識を増やして、仕事の幅を広げたい人

宅地建物取引士の資格を持って、不動産業の仕事に従事していると、仲介が多いのではないでしょうか。

 

不動産を売りたい人と買いたい人の間に入って、売買契約のお手伝いをしたり…。

 

不動産を貸したい、借りたい人の間に入って、賃貸借系屋のお手伝いをしたり…。

 

仲介に必要な知識だけでも、給料をもらえることが出来ますが、慣れてくると少し物足りなさを感じる人もいるのではないでしょうか。

 

今まで仲介を中心にしていた方が、不動産コンサルティングマスターの試験に挑戦することによって、新しい知識を得ることが出来ます。

 

僕も仲介メインだったので、試験勉強を始めたときは難しくて相当苦労しました。

 

新しい知識をることが出来る理由は、試験内容を見ていただければご理解いただけると思います。

 

試験内容を紹介している記事がありますのでご覧ください!

 

 

 

おわりに…

不動産コンサルティング技能試験は難しいです。

 

僕の一個人の考えですが、宅地建物取引士に合格したときぐらいの熱意があれば、合格できるはずです。

 

僕は、不動産コンサルティング技能試験に合格することができ、不動産の仕事に対する考え方が変わりました。今までは、不動産仲介を中心におこなって報酬を得てきましたが、これからは、お客様のお困りごと(相続問題、土地活用など)を解決して報酬をいただく、不動産コンサルの仕事を中心にして行きたいと思います。

 

将来、不動産営業マンの職は、AIに奪われる時代です。しかしながら、AIがどんなに進化してもお客様に寄り添っておこなう不動産コンサルは、人間にしかできない仕事だと思います。

 

また近年、不動産仲介業や管理業は、ライバル会社が多くなり仕事が取りづらくなっていると思いませんか。

 

新しい収入源として、不動産コンサルの収入を作ることをおすすめします。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。