不動産営業マン

20代で不動産関係に転職するなら宅建は前もって取るべき理由

 今20代なんだけど…不動産関係の仕事に転職を考えています。

転職前に、宅建って取っていた方がいいのかな? 

 

このような悩みに答えます。

 

不動産関係の仕事に転職する場合、前もって宅建を取った方がいいのか気になりますよね。

 

僕は、不動産会社に就職する前に宅建を取りました。20代のうちに、就職前に宅建を取っておいてよかったと思っています。

 

就職と同じように、20代で不動産関係に転職するなら、転職前に宅建を取っていた方が有利だと思います。

 

 

本記事では、実際に20代で転職を考えている人に、宅建を取るべき理由について解説していきます。

 

20代で不動産関係に転職するなら宅建は必須資格

僕が20代で宅建を取った体験談をもとに、20代で不動産関係に転職するなら前もって宅建を取っていた方がいい理由について解説します。

 

転職前に宅建を取っておくべき理由
  1. 面接でのアピールポイントになる
  2. 入社して、即戦力として期待される
  3. 入社してから宅建を取ろうと思っても忙しすぎて勉強できない

 

順番に解説していきます。

 

面接でのアピールポイントになる

不動産関係の仕事は、人材が足りていないのが現状です。

 

ですので、年間を通して不動産関係の求人はそれなりにあります。

 

求人を出している会社は、新しい人材が欲しいとはいえ、

 

「若いうちで転職する人はどうなんだろう…。」

 

「採用しても数年で辞めない心配…。」

 

って思っている会社や面接官がいるはずです。

 

それは20代特有の見られ方だと思います。そんな見られ方をプラスに変えてくれるのが宅建の資格だと思います。

 

国家資格である宅建は、誰もが合格できるほど甘い試験ではありません。ですから。不動産会社としては、宅建を持っている人=やる気がある人、努力できる人と一定の評価をしてくれます。

 

もし、自分のアピールポイントが弱いと思う方は、転職前に宅建に挑戦してほしいです。

 

入社して、即戦力として期待される

僕が入社したとき同期が2人いたんですが、僕だけ最初から厳しく育てられましたw

 

てぃん
てぃん
入社当時は「何で俺だけ」って思ってましたw

 

けど、半年後には1人で契約手続きまでできるようになっていたし、宅建の資格手当が毎月1万円付くことが決まりました。

 

同期の2人より年収12万円もアップしました。 

 

今思えば宅建を持っていたのは僕だけだったので、即戦力として期待してくれていて、優先的に教育したんだと思います。

 

不動産業界では宅建を持っている=即戦力として見られるということです。

 

早く収入を上げたい方は、宅建を取ってから転職することをおすすめします。

 

入社してからだと忙しすぎて勉強できない

就職して仕事が始まると、宅建の勉強する時間がありません。

 

転職して不動産業界で初めて働く人は、営業スキルや不動産営業に必要な知識や習慣などを覚える必要があります。

 

必然的に精神的にも肉体的にも疲れてしまい、勉強できないと思います。

 

てぃん
てぃん
 僕も最初は毎日疲れて、食事してお風呂入ってすぐ寝ることが多かったです。

もし僕が、宅建の勉強をやるって決めていたとしても…たぶん入社1年目はできないと思います。

 

20代ならバイトでもらえる給料で生活できると思います。貯金も少しすることによって、それなりの生活が出来るはずです。

 

ですので、転職すると決めたら1年か半年ぐらいはバイトで生計を立てて、宅建のための勉強時間を作った方が合格への近道だと思います。

 

てぃん
てぃん
 僕は約半年間バイトをしながら勉強をして、宅建に合格することが出来ました! 

 

費用を抑えて宅建の勉強をしたい人向け学習方法

20代は時間は作れるけど、費用はなるべく抑えたいはずです。

 

おすすめの学習方法は下記の2つです。

20代のおすすめ学習方法
  1. 独学
  2. 通信講座

 

順番に解説していきます。

独学

市販のテキストなどを購入して、1人で学習する方法です。

独学で合格できる人
  • 勉強が得意な人
  • これまで独学で資格試験に合格した人

 

テキストと過去問テキストの2つを購入して学習している人が多いと思います。

 

独学で合格できる人はある意味変人かもしれませんw

 

てぃん
てぃん

僕は初めて宅建にチャレンジしたときは、ほぼ独学でしたが落ちました。

 

独学は、よほど強い意志がないと挫折しやすいと思うし、途中で諦めてしまう方も多いのでは…。

 

通信講座

通信講座は、宅建の専門学校に通学せずに通学レベルの学習環境で勉強できます。

 

自宅や外出先、隙間時間など、いつでもどこでも学習できます。

 

通信講座をおすすめしたい人
  • 1人で勉強するのが苦手な人
  • 一発合格したい人
  • 費用を抑えたい人
  • 近くに通学できる宅建試験の専門学校がない人

 

そんなあなたには通信講座をおすすめします。

 

てぃん
てぃん

僕も通信講座のことを知っていたら通信教材で学習していたと思います。

 

通信講座は、宅建のプロ集団が作った教材です。合格するための学習ノウハウ、学習方法を使って学べます。

 

通信講座を提供している会社によって、教材内容に違いはありますが、テキスト、DVD、ネット講座、専用過去問アプリ、講師への質問が出来る!など1人でも学習できるように準備されています。

 

通信講座は、2万円から10万円ぐらいの価格帯です。

 

注意点として、通信講座の受講料が高いから、合格しやすいわけではありません。

 

あなたのライフスタイル、性格に合った通信講座を選ぶことが合格への近道です。

 

自分に合った通信講座を探すのが大変そうと思う方は、『フォーサイト』の宅建通信講座がおすすめします。

フォーサイトをおすすめする理由
  • 2018年、2019年オリコン顧客満足度ランキング連続1位
  • 累計利用者数48,159人突破
  • 2019年度フォーサイト合格率は驚異の71.5%(全国平均の4.21倍)

 

合格者のうち約60%が初受験者ですので、特に初受験の方には『フォーサイト』がおすすめです。

料金は一切かかりません。

 

費用をできるだけ抑えたい人は、受講料が19,800円(税別)の『本気の人に選ばれる宅建講座『スタケン』』をおすすめします。


 無料体験は上記バナーをクリック

 

以上、費用を抑えて宅建の勉強をしたい人向け学習方法についてでした。

 

【まとめ】20代で不動産関係に転職するなら宅建は前もって取るべき理由

 

本記事のまとめ

20代の転職は、若さゆえの特有のマイナスな視点で見られることがある。

宅建は転職の面接時にアピールポイントになる。

即戦力として育てられる。資格手当がある。

仕事が始まってからでは勉強時間の確保ができない。

 

やはり、職前に宅建試験にチャレンジして合格するのがベストです。

 

ですから、転職を考えている方は、早めに宅建の勉強を始めてください。

 

宅建に初めて挑戦する人は、通信講座【フォーサイト】や【本気の人に選ばれる宅建講座『スタケン』】などを使ってみてください。

 

通信講座は、基本、無料資料請求や無料体験がありますので、実際に見て使ってあなたに合った通信講座を見つけてください。

 

不動産関係への転職を成功させて、夢をつかんでください。お金もねw

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♪