宅地建物取引士

宅建の合格率が低い理由と合格をグッと引き寄せる方法

質問者
質問者
  • 宅建試験に挑戦したいと考えています。
  • 宅建の合格率を調べたら…低くてビックリしてます。
  • 合格率が低い理由と、合格を上げる方法を知りたい。
  • 会社に…今年合格しれ!と強く言われています。

インターネットや参考書を見ると、宅建の合格率が15%前後とかなり低いので、挑戦しても合格は難しいのでは…?と諦める人も多いです。

この記事を書いている人

宅建試験に2回挑戦し合格。1回目は独学。2回目は通学。試験範囲は広いし…合格率15%だし…合格できるのか不安に思うこともありましたが、2回受験したことで合格率が低い理由がわかり、前向きに勉強することができました。

そこでこの記事では、合格率15%に惑わされず合格を指せるように【合格率の真実】と【おすすめ宅建教材】についてまとめました。

記事の前半では【宅建の合格率が低い理由】について、記事後半では【合格率70%越えの宅建教材】について順番良く解説します。

この記事を読めば、15%という低い合格率は、勉強していない人の合格率であり、努力して勉強した人の合格率は50%を超えること理解していただけるはずです。

宅建の合格率が低い理由

宅建の合格率が低い理由は、

受験資格がなく受験費用も安いため、安易な考えで受験できてしまいます。

結果、勉強不足の状態で受験する人が増え、必然的に不合格者が増え合格率が低くなっています。

詳しく解説していきます。

受験資格がなく受験費用が安い

宅建試験は、年齢や学歴・実務経験など受験制限がなく、誰でも受験できます。

なので、

「全問…選択問題なんだろ!?そんなに勉強しなくても運で受かるだろ!」

「とりあえず受けとくか!」

などの安易な考えで受験する人が出てきてしまいます。

てぃん
てぃん
そんな人たちが真剣に勉強すると思いますか。絶対にしないと思います。

さらに…宅建試験の受験料は7,000円!

7,000円で、認知度のある国家資格に合格できる可能性があるんです。

なので、安易な考えで申込する人がたくさんいます。

「宅建に興味があるし、受験料が安いし、試しにどんな感じか受けてみようかな」試し受験をする人もいるようです。

てぃん
てぃん
 安易な考えや動機で受験する人が多く、そのほとんどが不合格になっているでしょう。だから、宅建の合格率は低いんですよね。 

受験料が3万円だったら、安易な考えで申込する人や試し受験する人は減るはずです。

安易な考えで受験している人を除けば…確実に合格率は上がります。




勉強不足で受験している人が多い

上記で解説した安易な考えで申込・受験している人は、必然的に勉強不足の状態で受験してしまう傾向があります。

そもそも…安易な考えを持っているので、絶対合格する!という気持ちはそれほど強くありません。

てぃん
てぃん
なので、勉強するためのやる気やモチベーションは薄いでしょう!

結果…勉強せず受験して不合格になり、試験の合格率は下がってしまいます。

こんなパターンもあります

テキストなどの教材を購入したけど、仕事(他いろいろ)が忙しくて勉強する時間を作れず…結果、勉強不足状態で受験することになり…案の定…不合格…。

てぃん
てぃん
これが王道の失敗例です。

他にこんなパターンも!

勉強を続けてるけど点数が伸びず…

「はぁ~来年頑張ろうかなぁ~(受験料7,000円だし…)」

てぃん
てぃん
気持ちが弱い人あるある。

中途半端な状態で受験する人が多いため、必然的に合格率が低くなっています。

やる気を持って挑戦すれば、絶対に合格できるはずです!

 

てぃん
てぃん
その理由は次で解説します♪

やる気を持ち続けて合格するためには…

宅建に合格するためにはやる気が必須です。

そして、やる気を失わないようにする(持ち続ける)必要があります。

  • やる気=勉強する
  • やる気を失わない=勉強し続けることが出来る

宅建試験の不合格者の多くは、やる気が続かず勉強しなくなり、勉強量が足りないまま受験してしまった人たちです。

そうならないためには、どうしたらいいのか…。

繰り返しますが、やる気を失わないことです。

やる気を失わなければ…勉強し続けることが出来ます。

勉強し続けて点数が伸び悩んでも、やる気を持ち続ければ努力することが出来ます。

質問者
質問者
そのやる気を維持するのが大変なのよ…。

やる気を持ち続けて勉強して、勉強不足を解消する方法

自分を追い込む

てぃん
てぃん
僕は大金を積んで自分を追い込みました。

僕は2回目の受験の時…20万円払って学校に通いました。

フリーターだった僕にとって20万円は大金!

てぃん
てぃん
20万円を無駄にはしない!という強い気持ちを持つことで、必然的にやる気を維持することが出来ました。

宅建試験前の模擬試験なども40点前後取れるまで力をつけることが出来き、合格することが出来ました。

これだけ勉強したんだし、模擬試験も40点取れたし、やれるだけのことはやった!と自信を持って宅建試験に臨むことが出来た人の合格率は70%を超えるはずです。

合格出来なかった人は、勉強時間が足りていなかった!ただそれだけです。

助け勉強教材のご紹介

宅建に合格するためには、やる気継続して勉強することが大切ですが…

宅建試験の不合格者の多くは、やる気が続かず勉強量が足りないまま受験してしまった人たちです。

やる気をなくしてしまうあるあるは…

  • 勉強する時間がなく、勉強不足によるモチベーションの低下
  • わからないことでつまづき、モチベーションの低下

仕事が忙して勉強する時間がない…他のことが優先になり、後回しになったり…。

どうしても理解できなくてわからなくて集中できない…。

それを解消することが出来るお助け教材が、

通信教材です。

通信教材を進める理由
  • 通学するより安い
  • 合格したら教材を売ることが出来る
  • 効率よく勉強するための教材が整っている
  • 質問することが出来る
  • 合格率が高い

たくさんある通信教材の中で、2年連続教材ランキング1位を獲得した実績がある教材です。

合う合わないはあると思いますが、フォーサイトの宅建教材は、無料サンプルがあるので試しに請求して実際に手に取って判断してもいいと思います。


▽宅建の合格率70%を超える教材を見てみる▽

ランキング1位&合格率70%越えの宅建教材『フォーサイト』

2018年度の合格率は全国平均の4.54倍!短期間で宅建に合格できる話題の勉強法とは?