不動産営業マン

【必読】不動産の営業マンが最初に読むべきおすすめ本3冊 売買編

 

不動産営業に関する本ってあるのかな。

もし不動産営業に関するおすすめの本があったら教えてほしい!

 

このような質問にお答えします。

 

この記事を書いている人

現役の不動産営業マン。不動産業界10年目。これまでたくさんの本に出会い、多くの知識やノウハウを得て仕事で活かすことが出来ています。

 

この記事で紹介するおすすめの本は、営業に関する本の中でも、不動産営業に特化した本を紹介します。

てぃん
てぃん
 お客様に商品やサービスを売ること…営業の本質を学びたい方は、『営業の魔法』をおすすめします。Amazonで300以上のレビューがあり、評価は

営業の仕事を始めたときに、最初に読みたかった! 

今なら無料で読めます!

【営業の魔法】を無料で読む!

 

 

てぃん
てぃん

不動産営業の本を読むようになった理由は3つあります。

  • 知識を増やして、仕事も早く覚えたい
  • 早く1人前になって給料(歩合給)を上げたかった
  • 嫌な上司がいたので、早く追い抜いて見返してやりたかった

 

もう1つ…本を読むようになった出来事を紹介します。

 

仕事のことで悩んでいるときに、いつもお世話になっている社長さんに相談したら…

 

社長
社長
本には、書いている人が現場で失敗したことから得られた気付きや学んだことがまとめられている。

だから失敗して嫌な思いをしなくても、学ぶことが出来るんだよ!

そして本なら、いつでも読むことができるから、通勤時間の電車やバス、暇な時間に勉強することが出来る。

まずは本を読んでみたらいいと思うよ

 

それから自分が欲しい情報や知識、ノウハウがまとめられた本を探して読むようになりました。

 

今でもわからないことがあれば、本を買ったり、持っている本を読み返したりします。

 

不動産営業は、商品の仕入れから調査・販売・契約・引き渡しなど、やるべきことがたくさんあります。

 

不動産営業、特に不動産売買の流れや必要な知識・情報を得るために、実際に僕が購入して読んだ本の中から、おすすめの本を3冊紹介します。

最近購入したおすすめ本

 

初心者から経験者まですべての段階で差がつく!不動産投資 最強の教科書―投資家100人に聞いた!不動産投資をはじめる前に知りたかった100の疑問と答え

この本は、不動産投資において、賃貸マンションや賃貸アパート、一戸建てなどの収益物件に関する情報がたくさん詰まっています。

 

なぜ、不動産営業に関する記事なのに、不動産投資の本を紹介するのか。

 

理由は、不動産投資家とお付き合いするためです。

 

不動産のお客様の中に、不動産投資家がいます。

 

不動産投資家は、投資用の不動産をどんどん増やしていきます。また、持っている不動産を売却することもありあます。

 

ですから、不動産投資家に気に入られると、あなたの顧客として、あなたを通して不動産を購入してくれたり、あなたに売却の依頼をする場合があるので、結果…自身の売り上げや歩合給に大きく貢献してくれます。

 

てぃん
てぃん
不動産投資家は資金が豊富だったり、銀行が貸す金額も大きくなることが多いので、必然的に売買代金が高い契約があったり、売買契約そのものが多かったりします。

ということは、あなたに入る歩合給も必然的に高くなるわけです。

 

不動産投資家に気に入られるには、不動産投資に関する知識が絶対に必要です。

 

ですから、新人の不動産営業マンのうちから、不動産投資の知識を増やしてください。

 

不動産投資を目的で売買するお客様は、とにかく勉強しています。当たり前に、専門用語や専門的な内容の話をすることが多くなります。

 

知識のない馬鹿な営業マンと思われたら終わりです(笑)

 

【中澤明子の不動産営業の玉手箱】

このおすすめの本は、この記事の最初にご紹介した不動産売買専門会社の社長に、紹介してもらいました。

 

不動産の営業に必要な考え方や業務(物件調査・お客様のヒヤリングなど)について詳しく体験をもとに書かれています。

 

実際に使っている不動産営業で使っている「日報」「お客様受付カード」「購入資金計画表」などのテンプレートも載っていますよ。

 

著者の中澤明子さんのこれまでの実績を知ると、中澤さんが書いた本ならぜひ読みたい!と僕は思ってすぐに購入しました!

ワンズリアルティ株式会社 代表

中澤明子 プロフィール

長野県出身/宅地建物取引主任者

1994年山木屋不動産株式会社(神奈川県横浜市)入社。同西口店で2年の賃貸
営業を経て、本社売買営業に6年間従事。その間、同社が加盟する日本最大の
不動産フランチャイズチェーン「住通チェーン(現ERAジャパン)」のセールスコンテスト
「Champion &Challengers」にて、1997年から2000年まで、6000人の中から4年
連続して売買営業最優秀成績者に贈られる「グランドチャンピオン」を受賞。
1998年、1999年とアメリカ不動産フランチャイズチェーンERA社の世界大会に参加。
4年連続ERA国際ネットワーク優秀成績者として表彰される。全国各地からの依頼により、自らの成功体験を講演し、顧客志向の営業スタイルの普及を行う。
山木屋不動産株式会社取締役を経て、2001年ワンズ株式会社取締役不動産事業部長、同時に不動産実務者養成研修校「不動産ビジネスカレッジ」理事・主任講師に就任。
2002年より不動産営業を行うかたわら「不動産ビジネスカレッジ」の講師、および全国の宅建協会、企業、団体等にて講演を行い、2010年までの10年間で、講演回数延120回、参加者数15,000名を超える。
ワンズ株式会社常務取締役を経て、2010年ワンズリアルティ株式会社を設立。代表取締役に就任。
2011年一般社団法人「不動産ビジネスカレッジ協会」理事長に就任。
座右の銘「あきず、あせらず、あきらめず」




【出版活動等】
2005年 中澤明子の「不動産営業の玉手箱」を出版(にじゅういち出版)
2006年 住宅流通新聞「明日への陽射し」連載
2007年 中澤明子の初回面談実演DVD「購入編」・「売却編」販売開始
2008年 中澤明子の初回面談実演DVD「住み替え編」、「建築編」販売開始
2008年 営業実務グッズ 中澤明子の「TREASURE BOX」販売開始
2008年 中澤明子の「玉手箱ブログ」スタート
2008年 体験型実務研修 中澤明子の「売買接客ロールプレイ」研修開始

引用元:ワンズリアルティ株式会社のホームページ

すごい実績だと思いませんか。中澤の実績と、不動産業界で初めて働くひとでも分かりやすい内容なので中澤明子の不動産営業の玉手箱―お客様に選ばれるために (不動産実務シリーズ)をおすすめします。

 

こんな人にオススメ

不動産売買の仕事を始めたばかりの人

不動産営業の方法を学びたい人

不動産営業の「目標にする人」が近くにいない人

 

あと1冊「中澤さん」の本がありましたのでぜひ読んでみてください!

中澤明子の営業活動日記―第一線で活躍する不動産営業ウーマンの備忘録 (不動産営業の玉手箱)

新人営業マンのために作られた攻略本【新人不動産営業マンが最初に読む本

 

内容紹介

不動産会社へ入社して間もない新人営業社員のために、
住宅物件の売買に関する媒介業務について経験と実績を持つ著者が、
わかりやすくレクチャーしてくれる入門書。
実際の営業現場で行われている媒介業務を時系列的に3つのブロックに分けてしっかり解説しているので、
聞きなれない業界用語も理解できます。
今、やるべきことがわかる”ようになるのです。
お客様にいつ、どう対応していけば良いのかが身についていくのです。
物件の検索依頼に基づく「1客付業務」
売買依頼に基づく「2元付業務」
購入検討者からの申込み後に行う「3条件交渉から残金決済まで業務」
その時々に行うべき業務内容や、守らなければならない法令上のルールもしっかり理解することができます! !
また、入社2、3年目の実力が問われる営業マンの方向けにも、
業績向上につながる、ワンポイントアドバイスが要所要所に入っていますから、
お役立ち度アップ! ! そして、ところどころに出てくるコラムでは、ホッと一息入れていただけます。

 

内容紹介を読んでいただいたので、説明不要だと思います。

 

新人営業マンのためだけに作られた1冊です。

 

GoogleやYahoo!などで【不動産営業 おすすめ本】で検索すると必ず上位表示されています。GoogleやYahoo!で上位表示されている=万人から評価されている証拠です。

▼今すぐ購入する▼

 

物件の調査ならマンガで解説【不動産物件調査入門】

 

不動産の売却相談や査定をする場合、不動産の調査からおこないます。

 

不動産売買の営業マンは、不動産の調査方法を知らないと仕事が進まないので、なるべく早く一人で調査が出来るように勉強しましょう。

不動産は全く同じものはありませんが、基本的な調査項目は同じです。

てぃん
てぃん
 調査項目や調査方法を一度覚えてしまえば、仕事をスムーズにおこなうことができますよ。 

でも、覚えるまでが大変なんですよね。

 

なにを、どこで、どのように調査すればいいのか。

 

そしてなぜその調査が必要なのか。

 

入社当初は、先輩や上司が優しく調査方法やコツを教えてくれますが…

 

その後は…自分一人で調査をしていかないといけません。

 

不動産の調査の数が多ければ、嫌でも早く覚えることになると思いますが…

 

不動産の査定(不動産の調査)をする機会はそれほど多くはありません。

 

なので調査方法などを覚えるのに時間が掛かったり、うろ覚えで間違ったり…。

てぃん
てぃん
僕の会社では、査定は月1件あるかないかです。大手ならそれなりに査定件数はあるかと思いますが…

 

査定(不動産調査)をする機会が少ないなら、本を読んで予習・復習して勉強する方法が1番です。

 

僕が実際に不動産調査を学ぶために読んだ本がこちら!

マンガで説明しているので、文字だけの本よりも理解しやすいです。将来、後輩営業マンの教育のときにも使えます。

てぃn
てぃn
これまで紹介した本は、不動産売買営業マンに必要な知識や情報が詰まっています。

知識はお客様のためにもなりますが、あなた自身を守るものでもあります。

 




最後に、不動産のプロになるにはたくさんの取引に携わることが大切です。

 

しかし、仕事を覚えていなければ取引に携わることは難しいです。

 

ですので、誰よりも早く不動産の知識を増やし、営業方法やお客様への対応の仕方を学び取引に携わってください。

 

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーなどのロールプレイングゲームは、プレイを進めていくと、謎解きをしなければいけないときがあります。

 

そのときに攻略本があれば簡単に謎を解くことができ、スムーズに進めることが出来ます。

 

不動産営業でも、わからないことが出てきます。

 

そのときに上記で紹介した本があれば、スムーズに解決することが出来るはずです。

 

ですので、あなたの不動産営業の攻略本を準備しておくべきです。

 

最初はわからないことが多く、覚えることも多く、つらい時期が絶対にあります。

 

本で解決すればいいんです。一人で仕事ができるようになれば、自分に投資したお金は、歩合給でチャラにできます。誰よりも早く、一人前の営業マンになりましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。