宅地建物取引士

宅建の独学は無理?独学で合格できる人の特徴と体験談を語る【おすすめ教材を紹介】

 

質問者
質問者
 宅建試験に挑戦しようと思っています。

独学でも合格できますか。  

このような質問にお答えします。

この記事を書いている人

宅建試験に2回挑戦し合格。宅建試験に、独学と通学の2つ勉強方法で挑戦しました。

現在、宅地建物取引士、賃貸経営管理士、不動産コンサルティングマスターの資格を保有しいる現役の不動産営業マン。

 

この記事を見つけてくれたあなたは、宅建試験に独学でチャレンジしよかな!と考えていますよね。

受験者
受験者
宅建って試験範囲が広いよね。合格率も15 %ぐらいだし…独学で合格するって無理なのかな

そんな不安があると思いますが、独学で合格できます!

独学と学校に通った体験談をもとに記事前半では『独学で合格できる理由と、独学で合格できる人の特徴』、記事後半では『独学と学校のメリット・デメリット』を解説します。

宅建合格率70%越えの教材はこちら

独学で合格できる理由

 

宅建試験は独学で合格できます。

理由は2つあります。

  1. 毎年、似たような問題が出題されるから。
  2. 暗記系の問題が多い。

1つずつ解説していきます。

毎年似たような問題が出題されるから

 

毎年似たような問題が出る理由は、以下の通りです。

  • 問題を作成する人も、毎年全く違う問題を作るのは大変。
  • 宅建で大切なポイントは、毎年出題される傾向がある。
てぃん
てぃん
 特に、大切なポイントを毎年試験に組み入れると、どうしても似たような問題になってしまいます。

毎年似たような問題が出るということは、過去問を繰り返し解くことによって、正解率を上げることができます。

ですから、過去問を制する者は宅建を制す!と言っても過言ではありません。

 

暗記系の問題が多い

 

宅建試験の出題数は50問、合格点は平均35点前後です。

出題される問題の内、宅建業法法令上の制限の2つの分野は暗記系です。

宅建業法は20問、法令上の制限は8問。

2つの暗記系の分野で28点もあるんです。

てぃん
てぃん
28点が暗記系問題ということは、過去問を繰り返し知識を脳にインプットするれば必然的に点数を稼げるんですよ。僕もこの2つの分野で点数を稼ぎました。

過去問(同じこと)を繰り返す解くことは大変だと思いますが、やった分だけ確実に点数を稼ぐことが出来るので頑張りましょう。

暗記系は、解説文があれば1人で繰り返し勉強することができます。

繰り返しますが…、

  1. 毎年、似たような問題が出題される。
  2. 暗記系の問題が多い。

なので、独学で合格できると言えます。

 

しかし、独学で合格できる人と独学で合格できない人がいます。

次の章で解説します。

独学で合格できる人の特徴

宅建やその他の資格でもそうですが、独学で合格できる人とできない人がいます。

独学で合格できる人の特徴を紹介します。

  • 過去、独学で資格に合格した経験がある人
  • 勉強時間を確保できる人
  • スケジュール管理ができる人

 

独学は、基本1人で勉強するので、学校のように先生がいたり同じ目標に向かって一緒に勉強する仲間はいません。

そして、自分自身で時間管理教材の選択、調べものなどをする必要があります。

独学は結構大変だと思いますw

今までに独学で資格に合格できた人は、合格するまでのスケジュール管理、学習量、自分の性格が分かっている人なので、宅建も独学でチャレンジして合格できると思います。

自分自身の勉強してきた過去を振り返ってみてください。

  • 過去、独学で資格に合格した経験がありますか。
  • 勉強時間を作ることが出来ますか。
  • スケジュールを管理して、毎日勉強することが出来ますか。

上記のことが厳しいなら、独学での合格は無理かもしれません。

しかし、そんな方に一度見ていただきたい教材があります。

独学を応援する教材

これから紹介する教材を使うメリットは以下の通りです。

  • 無理なく勉強時間を作ることが出来る。
  • 簡単にスケジュール管理をすることが出来る。
  • 始めて宅建を挑戦する人に指示されている。

 

おすすめしたい教材は、フォーサイトさんの通信講座です。

2019年の宅建試験の合格率は17%でした。

フォーサイトで宅建試験の勉強した人の合格率は、

 

71.5%!

 

全国平均の4.21倍の合格率だったんです。

 

だからおすすめしたいんです。

忘れてましたが、もう1つおすすめする理由があります。

数ある通信講座の中で、ランキング1位を2年連続(2018.2019)獲得したんです。

調査対象企業20社 実際の利用者1,503人に調査

2019年、通信講座 宅建の顧客満足度ランキングは、2年連続で【フォーサイト】が1位となりました。【フォーサイト】は2019年調査ではFPでも1位を獲得しています。評価項目別では、「教材・テキスト」「入会手続きの容易さ」「適切な受講料」を含む5項目で1位という結果でした。2位は【LEC通信講座(東京リーガルマインド)】で、「サポート体制」の項目で1位を獲得しています。なお、有効な回答者の条件として、「宅建の試験を受験した人」としています。

ランキング詳細←click

 

ティン
ティン
僕がこんなにおススメしても、自分に合う通信講座なのか、わからないですよね。フォーサイトさんは、無料サンプルを提供しているので、実際にテキストや教材を自分の目で確認することが出来ます。

フォーサイトさんの通信講座を前向きに検討したい方は、教材のサンプルを取り寄せてみてください。

合格率70%を誇る通信講座は一度見ておいても、損はしないと思います。

宅建合格率70%越えの教材はこちら